ピュアメイジングは肝斑にも効果は期待できる?

女性の顔に出来てしまうシミの大部分が老人性色素班といって、紫外線が影響でメラニンが生成され加齢によっていつまでも表皮内に留まることで目立っている茶色の跡です。

 

ですがシミには肝斑というシミの種類も存在します。肝斑は老人性色素班とは異なり、女性ホルモンのバランスの乱れが原因でできてしまいます。

 

肝斑の特徴は

もやもやとしてはっきりしていない
薄い茶色〜灰色
頬、額、鼻の下に分布
頬には左右対称で出る

といった特徴が見られます。

 

肝斑の治療にはトラネキサム酸のサプリメントや美容皮膚科で受けられるレーザー治療が有効ですが、万が一肝斑でなかった場合は悪化してしまうリスクがあります。

 

日常のケアで肝斑を薄くしたい場合は肌のターンオーバーを正常化させて原因物質を排出させることが有効です。

 

ただし、すでにできている肝斑に刺激を与えるのは逆効果です。

 

化粧水、乳液、美容液…とたくさんの種類の美容品を顔に何度も擦って使用するのも肝斑の症状を悪化させる行為になってしまいます。

ピュアメイジングは肝斑に有効?

ピュアメイジングには

肌のターンオーバーを改善させるプラセンタエキス

美白効果が高い紫根エキスを業界NO1.の量を配合

肌の保湿効果に優れたスクラワン

メラニン色素の生成を抑制するカモミラエキス

 

などが配合されています。直接肝斑治療のために製造されたオールインワンジェルではありませんが、肝斑治療に期待できる成分も配合されています。

 

またピュアメイジングはこれ一つで12役をこなすので、必要以上に肌に刺激や負担をかけることがありません。

 

肝斑を治したい時は摩擦や擦れも肝斑を濃くさせる刺激となるので、たった1回のケアで必要な成分が肌に染み渡るのは有効なケア方法です。

 

シミで悩むといっても様々なシミの種類が発生している人もいます。

 

シミもニキビ跡も、肝斑にも見えるシミが気になっている…という方にもピュアメイジングは向いているので一度お試し感覚で使用してみるのも有効と言えそうです。