ニキビができないようにする生活習慣

ニキビができない生活習慣

一度出来てしまうとなかなか治らないのがニキビです。繰り返すニキビはどうしたら治るのでしょうか?

 

実は繰り返してできるニキビは肌が「繰り返してニキビができやすい肌」になっている状態。

 

ニキビができやすい人でも肌状態を改善することでニキビをできにくくすることは可能です。

 

ニキビができにくい肌に改善するために直結していることが普段の生活習慣なんです。

 

ここではニキビを改善する生活習慣についてまとめてみました。

正しい洗顔をしよう!

ニキビは毛穴に汚れや皮脂れが詰まり炎症が起きた状態です。汚れを落とし肌の清潔を保つためにまずはニキビケアに適切な洗顔を毎日実践することが大切です。

ニキビ肌が使いたい洗顔料選びのヒント

朝と夜1日2回は洗顔を行いましょう。しかし、洗いすぎも良くありません。

 

顔には皮脂分泌が過剰な部位とそうでない部位があります。まずは皮脂分泌が過剰になるTゾーンを先に洗い、そのあとに頬や額、最後に目の周りを洗うようにするとベターです。

 

洗いすぎると肌に必要な水分や皮脂まで取り除いてしまい、かえってニキビが悪化してしまうのでやりすぎは禁物です。

 

お湯は38℃くらいのぬるま湯で洗い、最後は水で肌の毛穴を引き締めるとgoodです。

 

また、肌に刺激を与えないように泡でくるくると優しく洗うこと、洗顔後は清潔なタオルを使用することも心がけましょう。

保湿ケアを忘れない

肌が乾燥すると毛穴が詰まりやすくなってしまい、ニキビが悪化してしまいます。

 

しっかりと保湿をすること角質が柔らかくなり、肌の状態が安定します。

 

洗顔をした後は必ず保湿成分が含まれた低刺激の化粧水などでしっかり保湿ケアを行いましょう。

ニキビを改善する食事を摂ろう

皮脂の過剰分泌を抑えたり、肌の炎症を抑える効果のあるビタミン類を積極的に摂取するようにしましょう。

 

ビタミンを多く含む食品は、野菜、果物を中心に、卵、乳製品、魚類、ナッツ類などがあります。

 

また、揚げ物や洋菓子など脂質を多く含むものを大量に食べたり、外食ばかりの偏った食生活はニキビを悪化させる原因になります。

 

ニキビ改善には栄養バランスの取れた食生活を送ることが必要不可欠です。

しっかりと睡眠をとろう

肌の修復は寝ている間にに行われます。ニキビの改善には質の良い睡眠をとるように心がけることが大切です。

 

特に肌のゴールデンタイムと言われる午後10時から午前2時の間は成長ホルモンが分泌される時間帯で体の傷を修復してくれる時間です。

 

この時間帯はできる限り熟睡しているようにしましょう。

 

女性

ニキビに悩んでいる方も生活習慣を見直すことで、ニキビのないキレイな肌を手に入れることができます。

 

どれも特別難しいことではありません。ニキビができにくい肌質になればニキビそのもに悩む日もきます。

 

ここで述べたことを今日から是非取り組んでみてください。

 

そしてニキビができにくい生活習慣と肌ケアにピュアメイジングを使うとニキビができにくい肌へと改善できるので、是非ピュアメイジングでニキビ対策をしていってくださいね。

 

TOPページ⇒ピュアメイジングの口コミと効果をチェック!楽天購入は安い?