アーティチョークの美容効果

アーティーチョークは地中海沿岸地方が原産の多年草で紫色の大きな花を咲かせます。

 

古くから肝臓や消化器に良いとされハーブティーなどで親しまれてきました。現在でも海外では蕾の部分を食べるのが一般的です。

 

チョウセンアザミの和名を持つアーティーチョークは日本でも漢方薬の一つとして扱われます。

 

このように薬用や食用のイメージが強いアーティーチョークですが、近年は美容界でも注目されていますが、それは葉に多く含まれる苦味成分「シナロピクリン」が肌の美白に効果があることがわかったからなんです。

 

肌細胞は、強い紫外線を受けたり炎症を起こすとそれらの刺激から肌を守ろうとするため、自然とメラニン色素が強くなったり、肌がゴワつき硬くなるメカニズムになっています。

 

これを「光老化」と言いますが、シナロピクリンはその光老化を遺伝子レベルで抑制する働きをしてくれるのです。

 

光老化を防ぐことによって、シミや黒ずみ等の色素沈着が改善・予防され、毛穴の目立たないなめらかな肌に整えることができます。

 

アーティーチョーク葉エキスの使用法は化粧水が一般的ですが、ピュアメイジングにも特殊製法でこのアーティチョーク葉エキスが配合されています。

 

日本ではあまりなじみのない植物でしたが、食べても健康に良し、塗っても美容に良しのスーパーフードとなると今後大きなブームがやってきそうです。

 

TOPページ⇒ピュアメイジングの口コミと効果をチェック!楽天購入は安い?