ニキビ跡を治すために大切なこと

ニキビ跡

ニキビ跡とは肌にできた炎症、色素沈着によるシミなどの肌トラブルです。

 

ニキビ跡はその名の通り肌に「跡」となって残ってしまうので、このダメージをなんとかして治したいと悩んでしまいますよね。

 

繰り返し同じ場所にダメージが加わると、皮膚の深いところの組織をこわすのでニキビは治癒しても跡が残る状態になります。

 

そんなニキビ跡を治すためにはどんなことに気をつければ良いのでしょうか?ここではニキビ跡を治すために大切なことをご紹介します。

ニキビ跡の種類

まず、ニキビ跡は3つの種類があります。「赤みのあるニキビ跡」「色素沈着のあるニキビ跡」「クレーター状態のニキビ跡」です。

 

ニキビ跡を治そう!と思うとまず始めにニキビに目がいきがちですが、実はニキビよりも大切なのは「肌」です。ニキビができているということは、肌の状態が健康ではないということです。

 

肌のターンオーバーの異常、皮脂の過剰分泌、アクネ菌の暴走、間違った洗顔、肌に負担がかかる生活がニキビをできやすい肌を引き起こしているので、まずは肌の状態を回復させることが1番のケアになります。

ニキビ跡を治すために日中注意すること

日中に刺激を与えない

まず、日中にニキビに刺激を与えないようにしましょう。手でしつこく触ったり、紫外線を浴びないように気をつけます。

 

汚れた手でニキビに触れるとニキビの炎症が悪化したり、紫外線を浴びることでニキビの色素沈着が悪化します。

 

これらはさらにニキビ跡を増幅させる要因になりかねません。

生活習慣を見直す

ニキビに慢性的に悩まされている方は、ターンオーバーが乱れている可能性が高いです。ターンオーバーとは、皮膚の生まれ変わりのことで新しい細胞ができること。

 

加齢によってターンオーバーは長期間化するので、ニキビケアをする歳には特に意識したいものです。ターンオーバーを改善する方法はいくつかありますが、根本的な改善方法となるのが生活習慣の見直しです。

 

睡眠時間が短い、ストレスを常に抱えているといった生活環境では肌のターンオーバーは改善されにくいです。まずは生活習慣を見直して、野菜を多めに摂取したいり、肌のターンオーバーを正常化させるために成長ホルモンを分泌する睡眠をしっかりとるようにしてください。

 

特に睡眠をしっかりと取るようになると肌がしっとりと肌質が変わったのを実感できます。

正しい洗顔を行う

ニキビができにくい、きれいな肌になるためには洗顔も重要です。

 

ニキビ肌に合う正しい洗顔を行えば、ニキビができにくい肌質に改善していくこともできますし、何より洗顔後にしようするニキビケア商品がすんなり肌に浸透してくれます。

 

ニキビ肌の人が選ぶべき洗顔料は大事な皮脂は残し、肌の汚れをしっかりとってくれるタイプのもの。また抗炎症成分(グリチルリチン酸ジカリウムなど)が入っているとより理想的です。

ニキビ肌を改善する洗顔料の選び方

 

乾燥肌だとニキビができやすくなるので洗顔したあとは、必ず保湿をします。

 

ニキビ跡は時間はかかっても確実にケアをしていくことが大切で、洗顔したあとは、ビタミンC誘導体が配合された化粧水の使用が理想です。

 

この化粧水、美容液…といろいろと手間がかかる工程を1度のケアで終わらせてくれるのがピュアメイジングです。

 

手間をかけないと一向によくならないニキビ跡。場合によっては改善するのに数年単位で時間がかかります。

 

クレンジング、洗顔、化粧水、乳液、美容液等、一つ一つの工程をこなしていくのは何かと面倒で、それだけ指でニキビ跡に触れる機会が増えます。

 

その刺激も肌にとっては好ましくないこと。

 

ピュアメイジングはこれ一つで12役も果たしてくれる万能オールインワンジェルで、今抱えているニキビとシミ両方に効いてくれるので、ニキビを綺麗に治したいけどお手軽にケアしたい方にぴったりです。

 

簡単スキンケアだけど、繰り返していくことで肌を変えていく。この感動をピュアメイジングで体感してくださいね。

 

TOPページ⇒ピュアメイジングの口コミと効果をチェック!楽天購入は安い?