ニキビ悪化の要因となる角栓はとるべきか

角栓

ニキビと角栓は切っても切れない関係で結ばれています。角栓が毛穴に詰まっているからニキビが悪化する。だから角栓は取り除くべき!と思っている方も多いです。

 

スポッと抜けたら気持ちがいいですよね。そんな悪者扱いされることが多い角栓ですが、本当に取り除くべき存在なのでしょうか?

 

ここではニキビを改善する角栓の扱い方法をご紹介します。

角栓ってなに?

角栓とは古い角質と皮脂が混ざり合って半固形になったものです。

 

30%が皮脂で残りの70%がタンパク質です。その正体のほとんどがタンパク質だから簡単には取り除くことができません。

 

この角栓が毛穴の中に詰まるとアクネ菌が繁殖し、ニキビができやすくなります。さらに、角栓は酸化すると毛穴の黒ずみにもなります。

 

気になってしょうがない鼻の黒ずみ。なのでこの角栓を一生懸命とろうとする方が多いのですが…角栓は無理に取り除こうとしなくても肌のターンオーバーで自然に取れていくものです。

 

なので、毛穴に角栓が詰まっている場合、ご自身の間違った肌ケア方法が逆に角栓をつまらせている可能性があります。

角栓対策として多くの人が行っていること

毛穴パック

ピンセットor指で押し出し

角栓除去用スポンジを使う

ピーリング

頻繁な洗顔

オロナイン+毛穴パック

 

実はこれ、全てNG。角栓を取り除く行為そのものがNGなんです。

 

毛穴パックなどは一時的にスッキリするかもしれませんが、ポコッと開いた穴にまた角栓ができてくるのは時間の問題で、角栓ができない肌にする根本的な解決にはなっていません。

 

また角栓をとろうとして開いた毛穴は乾燥して固くなりさらに角栓がつまりやすい肌になってしまう可能性があります。

角栓対策はどうすればよいの?

角栓対策で大切なのは肌の質を上げること。肌の質が悪いと角栓ができやすい肌質だと思ってください。

 

肌の質は乾燥、ストレス、不規則な生活、過剰なスキンケア、外食が多い食習慣で悪化します。

 

洗いすぎたり、保湿のしすぎも肌にとってはよくありません。角栓対策で一番大切で一番根本的なことが肌のターンオーバーを正常化する。これなんですね。

 

3ヶ月〜4ヶ月の肌断食を行い食べ物、使う化粧品、睡眠を意識しただけで角栓ができにくくなったという方もいらっしゃいます。

 

余計な手間が角栓をできやすくしてしまっているので、今まで過剰に角栓対策をしていた人は肌の質を上げることから初めて見ると一番てっとり早く、そして楽な角栓対策ができます。

ニキビの悪化要因になる角栓の処置の結論

結論を言うと、ニキビのため!と思って角栓をむりやりひっぱり出す行為はNGです。

 

角栓に注目するのではなく、角栓やニキビができにくい肌の健康そのものに目を当てることが大切で、これが根本的なニキビケア方法になります。

風邪

毎年風邪をひく人もいれば全く風邪をひかないい人もいます。この違いは体の健康状態(免疫力)の違いです。

 

風邪をひいた時、風邪を治すのはもちろんそうですが、風邪そのものをひかない体にすることが大切だと思いませんか?

 

ニキビも同じです。繰り返しニキビができる人もいればニキビが全然できない人もいます。ニキビを繰り返す時は自分自身の肌に目を当ててあげてくださいね。

 

ニキビができないように生活習慣も気をつけている、食生活も睡眠もとっている、それでもニキビができてしまう方は外側からのケアとしてピュアメイジングを使ってみませんか?

 

ピュアメイジングは外側からのニキビケアとして最も簡単でコスパがよい医薬部外品のオールインワンジェルです。

 

あれこれとニキビケア用のために用意していたものがこれ1本で役目を果たしてくれるので手間がかからず、さらにコストも抑えることができます。

 

ニキビが治らないということはまだ自分の肌に合った化粧品を探し出していないという証拠でもあるので、是非検討してみてくださいね。

 

TOPページ⇒ピュアメイジングの口コミと効果をチェック!楽天購入は安い?