ピュアメイジングでニキビ跡は改善できる?

ピュアメイジング ニキビ跡

大人ニキビで悩んでいる人の中にはニキビ跡ができてしまい、どうにかしてこのニキビ跡を治せないか…と悩む方も多いです。

 

ニキビ跡は年齢とともに治りにくくなり、適切な方法でケアしなければ改善されません。

 

ニキビ跡には赤みを帯びたニキビ跡、色素沈着したニキビ跡、クレーター状のニキビ跡とそれぞれ種類がありますが、種類にあった成分を使うことで症状を改善していくことができます。

 

赤みがあるニキビ跡には抗炎症作用があるもの、色素沈着したニキビ跡には美白成分が配合されているもの、クレーター状のニキビ跡にはピーリング効果があるものが効果的です。

ピュアメイジングの成分

ピュアメイジング

アラントイン:抗炎症作用。肌のターンーバーを正常化。古い角質を排除してメラニンを体外に排出する

 

紫根エキス:抗菌作用、抗炎症作用、皮膚活性化、養毛促進作用

 

カモミラエキス:乾燥から肌を守り、角質の潤いを維持

 

スクラワン:水分の蒸発を防ぐ皮膚保護エモリエント成分

 

コラーゲン:潤いを与え、皮膚の乾燥を防ぐ

 

ヒアルロン酸:肌の表面の潤いを長く保つ

 

プルーンエキス:メラニン排出を促進し、美白へと導く

 

アーティチョーク葉エキス:メラニン細胞の増殖を抑制。

 

プラセンタ:シミ・そばかすを防ぎ美白効果や代謝機能を高める

 

植物エキス:アルニカエキス、セージエキス、セイヨウノコギリソウエキス、スギナエキス、シナノエキス、ゼニアオイエキス、オトギリソウエキス、トウキンセンカ花エキス

 

ピュアメイジング ニキビ跡への効果

これらのピュアメイジングの成分を見ると、抗炎症作用、美白成分がしっかりと配合されているので赤みがあるニキビ跡、色素沈着したニキビ跡には効果を期待できそうですが、クレーター状のニキビ跡には適していないと言えそうです。

 

今自分の肌にあるニキビ跡が赤みを帯びていたり、茶色いニキビ跡の場合はピュアメイジングの成分は適していますが、クレーターニキビを治したい!と思ったら他の成分が必要です。

 

ピュアメイジングでニキビ跡を治すことはできないかな…と思ったら自分のニキビ跡の種類を見分けて判断してみてください。

 

ピュアメイジングの口コミを検証してみました!